スクリーンタイムのパスワードを確実に解除する手順(PhoneRescueのお試し版インストールから購入、解除までの全手順解説)

iPhoneの利用を制限できるスクリーンタイム機能は大変便利ですが、一方で、久々に設定を変えようと思ったら、パスワードを忘れてしまった!となることもよくある話です。

ここでは、「iPhoneのスクリーンタイムパスワードを忘れた!どうしよう!?」など、どうしても、スクリーンタイムのパスワードを知りたい人向けに最終手段ともいえる裏ワザを紹介しています。

ここで紹介しているツールを使えば、スクリーンタイムのパスワード解除以外に、iPhoneそのもののパスコードの解除などもできちゃいますよ!

ソフトウェアのお試し版ダウンロードからその購入支払い手順、実際のスクリーンタイムパスコードの解析(解除)まで、全ての手順を、中学生でも出来るレベルで詳細に、解説しています!

iPhoneでお困りの方は必見!スクリーンタイムのパスワードもiPhoneのパスコードも簡単に解除できる最強iPhone復元ツール

まずは、ソフトが使える条件を満たしているかと必要な準備の確認です。

対応デバイス

あなたのiPhoneが次のどれかなら、大丈夫です!

iPhoneシリーズ: iPhone 12 Pro Max, iPhone 12 Pro, iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone SE (第2世代), iPhone 11, iPhone 11 Pro (Max), iPhone Xs (Max), iPhone XR, iPhone X, iPhone 8 (Plus), iPhone 7 (Plus), iPhone SE, iPhone 6s (Plus), iPhone 6 (Plus), iPhone 5c, iPhone 5s, iPhone 5など

iPadシリーズ: iPad Pro (第4世代), iPad Pro (第3世代), iPad 7, iPad 6, iPad Pro (第2世代), iPad 5, iPad Pro, iPad mini 5, iPad mini 4, iPad mini 3, iPad Air 3, iPad Air 2, iPad Air, iPad mini 2, iPad 4など。

iPodシリーズ: iPod touch 1, iPod touch 2, iPod touch 3, iPod touch 4, iPod touch 5, iPod touch 6, iPod touch 7など

スクリーンタイムのパスワードロック解除に必要なもの

  1. 商品代金(クレジットカードがなくてもコンビニ払いなどで購入可能です。)
  2. Windowsパソコン(Windows 10, 8, 7, Vista(32bit & 64bit両方対応可))

誰でもできるの?危なくないの?

販売元は海外ですが、日本語もあり、また大手のちゃんとした会社なので、心配は無用です。

まずはお試し版(無料)であなたのパソコンでも使えるかどうかを確かめることも出来るので、まずは試してみましょう!

中学生でもできる!スクリーンタイムパスワード解除全手順解説

準備。まずは、バックアップ(重要)

3rdパーティ社(iPHoneを開発したapple以外の会社)の製品を使うので、念のため、iTunesかicloud上にバックアップを取っておきましょう!(重要)

いざというときや、またスクリーンタイムの解除に成功した後にバックアップから一部のデータの復元を行う必要があります。バックアップの方法は、appleの公式HPに、下記の通りの記載があるので、それに従えばOKです。

iCloud上にバックアップを作る場合とWindowsPC上にバックアップを作る場合があります。(Mac PC上に作る方法もありますが、ここでは割愛します。)どちらでもOKです。

iCloudを使ってiPhoneのバックアップを作成

1.「設定」  >「[自分の名前]」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と選択します。

2.「iCloudバックアップ」をオンにします。iPhoneが電源とWi-Fiに接続され、ロックされているときに、毎日iPhoneのバックアップがiCloudに自動作成されます。

3.手動バックアップを実行するには、「今すぐバックアップ」をタップします。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph3ecf67d29/ios

Windows PCを使ってiPhoneのバックアップを作成する

1.ケーブルを使ってiPhoneとコンピュータを接続する。

2.PC上のiTunesアプリケーションで、iTunesウインドウの左上付近にある「iPhone」ボタンをクリックします。

3.「概要」をクリックします。

4.「今すぐバックアップ」(「バックアップ」の下)をクリックします。

5.バックアップデータを暗号化するには、「ローカルのバックアップを暗号化」を選択し、パスワードを入力してから、「パスワードを設定」をクリックします。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph3ecf67d29/ios

LineなどiPhone公式以外のアプリは、引き継ぎなどの設定を行っておく

念のため、LineなどのiPhoneの初期アプリ以外のアプリの重要なデータは、データ復元のために引き継ぎの設定とバックアップを行っておきましょう

まずはお試し版をパソコンにダウンロード(まずは試しに無料版です!)

iPhoneでお困りの方は必見!スクリーンタイムのパスワードもiPhoneのパスコードも簡単に解除できる最強iPhone復元ツール

上記の「詳しく見てみる」ボタンを押してみてください。(まだまだお金の請求はしないのでご安心を)

(または、「無料で試す」ボタンを押すのでもよいです。その場合は次の手順をスキップしていきなりお試し版がダウンロードされますので、「ファイルを保存」を押してください。)

「詳しく見てみる」ボタンを押すと次の画面に移ります。英語だけど恐れないでください。商品の説明が書いてあるだけです。

この画面のダウンロードボタンを押してください。(上に金額が出ていますが、ダウンロードだけではお金は取られないので、安心してください。)

ブラウザにもよりますが、おおむね、このようなダウンロード画面が出てくると思います。ファイルを保存を選びましょう。

ダウンロードが終わると、パソコン上に「phonerescue-setup.exe」というファイルが出来ていると思います。ファイルが見つからない人は、パソコンを検索してみましょう。

お試し版をインストール(まだお金は発生しません)

ダウンロードした「phonerescue-setup.exe」をダブルクリックすると、インストール画面に移ります。

インストール画面の前に、「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」などと聞かれるかもしれませんが、インストールするので、変更が発生するのは当たり前です。「はい」をクリックしましょう。

インストールボタンしかないので、迷いませんね。インストールボタンを押しましょう。

1分もかからず、インストールが終わり、開始画面が表示されます。

iPhoneを接続して、あなたのパソコンで使えそうかを試してみる(まだお金は発生しません)

開始画面で開始ボタンを押すと、次の言語選択の画面に移ります。

好きな言語を選んでください。(ここでは日本語を選んでいます。)

するとクイックヒント(注意書き)の画面が表示され、その後、次のメニュー画面が表示されます

スクリーンタイムのパスコード解除がない?iOSレスキューと書いてある場所を押しましょう

スクリーンタイムパスコードの復元というメニューが出てきましたね。

では、ここで、パソコンにiPhoneを接続しましょう。充電ケーブルをパソコンに接続し、iPhoneを繋げればOKです。

画面の下に「お使いのiPhoneが接続されました」というメッセージが表示されます。

「スクリーンタイムパスコードの復元」を選んで、右下の進むボタンをおしましょう

ここで、ようやく購入しないと先に進めなくなります。(逆に言うとここまでは完全に無料です。)

ここまでできれば、購入しても実際に使えることでしょう。では、次のステップで実際の購入画面に進みます。

PhoneRescueを購入する(ここでお金が必要になります。)

iPhoneでお困りの方は必見!スクリーンタイムのパスワードもiPhoneのパスコードも簡単に解除できる最強iPhone復元ツール

上の「いよいよ購入する」ボタンを押しましょう。

表示された画面の「今すぐ購入」ボタンを押します。(まだお金は発生しないので安心してください。)

すると、次の購入画面に進みます。

まずは、画面の上の方に購入時のオプションが紹介されています。

上2つは、「2年間の再インストール権」、「バックアップCD」のオプションを買うかどうかの選択、3つめは割引クーポンがあるかどうかです。

割引クーポンを手に入れるには、いくつかの手順を踏む必要があるので、通常は全部チェック不要です。そのまま、画面の下側に進みましょう。

まずは、支払い方法の選択です。「クレジットカード」「Paypal」、「コンビニ決済」、他「webmoney」などから選べます。ここでは、最もハードルの低い、「コンビニ決済」を選んでいます。

入力項目の説明です。日本語でOKです。

  • Licensed to:個人か法人か、です。あなたが会社の仕事として買うのではない限り、個人(Person)を選びましょう
  • First name:名前をいれましょう(苗字ではありません)
  • Last name:苗字をいれましょう(外国では名前→苗字の順です)
  • Address:住所をいれます。(市より先を入れます)
  • City:市までをいれます(画像では都道府県を入れていますが、まあ適当でも大丈夫ということです。)
  • Zip or postal code:郵便番号をいれます
  • Country:国を選択します。日本ならJapanでよいです
  • State or province:都道府県をいれます。
  • Phone number:電話番号をいれます。
  • Email/Confirm email:メールアドレスを入れます。確認のために2回入れます。(二つが合っていないとエラーになります。)gmailなどのフリーアドレスでも大丈夫です。

入力したらさらに画面の下に進みます。

通貨(円で払うのか、ドルなのかなど)の選択をして、次の確認画面に進みます。

最下部のpaymentに英語がありますが、この後の手順が書いてあります。和訳すると次の文章です。

1. 下のボタンをクリックして、コンビニウェブサイトにアクセスします。
2. 画面の指示に従って支払いを行います。
3. コンビニでの支払いが完了すると、支払いの領収書と注文の履行に関する詳細がメールで届きます。

PLACE ORDERボタンを押しましょう
コンビニウェブサイトに移動します。(それと同時に英語の注文確定メールが届きます。)

好きなコンビニを選んでください。例えばローソンであれば、次のようなLoppiを使う画面になります。細かな説明も書いてあるので、それに従って、支払いをすればOKです。

支払いが終わると、アカウントと認証コードが記載されたメールが届きます。

ライセンス認証とスクリーンタイムパスコード分析、解除

ここまで来れば、もうゴールは目の前です。

まずは、PhoneRescueを起動して、今すぐ認証ボタンを押しましょう。

ここに先ほどメールで届いたアカウントと認証コードを入力すると、この先に進めます。

書いてあるとおり、持っているiPhoneのバックアップとパスワード解析を行うので、しばらく時間がかかります。(容量やパスワードの複雑さによって変わります。)

次へ進むと、これから解析中に設定されるパスコードを何にするかを聞かれます。「0000」を入力しておけばOKです。

いよいよ、デバイス分析が始まります。バックアップをとって、パスワードを解析するので、それなりには時間がかかります。デバイスを抜かず、気長に待ちましょう。

ちなみに、このバックアップでは、iPhoneの標準アプリしかバックアップを取ってくれないため、他のアプリ(Lineなど)も消える可能性があります。記事冒頭の準備のところで、バックアップを取っていない人は、この操作の前にバックアップを取っておきましょう。

この画面が表示されれば終了です!表示されている4桁の数字がスクリーンタイムのパスコードです!消えているデータ(写真や動画など)がある場合は、バックアップから復元して、元に戻しましょう。消えているアプリは再インストールしてください。スクリーンタイムの設定は初期化されているので、アプリのダウンロードなどは普通に行えます。

Advertisement